2010年 03月 06日

議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で−菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は2日、国会内で記者団の取材に応じ、衆院を通過した2010年度予算案の審議で「政治とカネ」の問題に多くの時間が割かれたことに関し、「担当大臣としては、やや残念な面と、議論が少なくて負担が軽くなった面と両面あった」と語った。
 菅財務相は、体調を理由に辞任した藤井裕久氏の後任として急きょ1月に就任。今後の参院審議では「予算の中身をもっとアピールしていきたい」と意気込みを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<08年水害>被害額は1660億円(毎日新聞)
補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で−地域主権会議(時事通信)
参加条件「小沢氏喚問」は筋違う=首相(時事通信)
<手掌多汗症>手術後、異常発汗で提訴、「説明不足」と患者(毎日新聞)
<谷垣総裁>「民主は濁った水」(毎日新聞)
[PR]

by l95nebxwhu | 2010-03-06 16:32


<< <大学入試調査書>29人分を誤...      浅田の銀メダルを祝福 首相「韓... >>