2010年 04月 20日

沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、「沖縄の皆さんが今日まで大変過重な負担の中で苦しんできた。それを国民全員で分かち合う気持ちを全国で示していただきたい」と記者団に述べた。鹿児島県・徳之島など政府が移設先として検討している候補地の住民らに理解を求めたものだ。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
<火山噴火>全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
亀井金融相 「消費税は上げません」と断言(産経新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場−放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
[PR]

by l95nebxwhu | 2010-04-20 01:01


<< 山崎さんシャトルの鮮明な写真=...      両腕は女性、死後1〜2カ月=鋭... >>