2010年 05月 27日

出先機関“仕分け” 国と地方、議論すれ違い(産経新聞)

 政府の地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)は21日、内閣府で、国の出先機関に関する「公開討議」を行った。同日と24日の2日間で7省11系統の出先機関が担う事務・権限の廃止や地方への移管を議論し、6月にまとめる地域主権戦略大綱に「基本的な考え方」として反映させる。

 初日の法務省法務局など3省3系統の議論では、加藤公一法務副大臣が法務局の不動産登記事務などについて「全国一律で行うことが極めて重要だ」と主張した。地方側は「何でも国がやるというのは霞が関の化石だ」(上田清司・埼玉県知事)と反論し、議論のすれ違いが目立った。

蓮舫氏ら“及び腰”申し入れ 口頭だけ「献金禁止を」 小沢氏辞任要求なく…(産経新聞)
<郵政改革法案>衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
暴力団排除にデータベース 日証協検討(産経新聞)
石原知事「あのまま鈴木さんが知事だったら…」(産経新聞)
<口蹄疫>新たに疑い例処分は約13万頭に(毎日新聞)
[PR]

by l95nebxwhu | 2010-05-27 23:26


<< 暴力団側への席、相撲案内所に出...      ペルーと来月EPA基本合意=鳩... >>